移行事例 U社 富士通オフコンからWindowsサーバへの移行

トップページ

 » 

移行事例一覧

 » 

移行事例 U社 富士通オフコンからWindowsサーバへの移行

業種:総合商社

移行の理由:社内分散システムの統合。既存シシステムの保守終了に伴い次期システムをWindowsシステムに統一。

移行対象資産
移行先言語:NetCOBOL
移行先言DB:Oracle

ユーザ資産
COBOLG 650本
JCL 250本
ファイル 90本
画面定義体 180本

移行期間(全) 7ヶ月(システム機能改善含む)移行期間(NetCOBOL移行)4ヶ月

移行上の課題:オフコンでの統合システム作業が困難で時間が掛かった。(オフコンでの機能制限・画面情報など)機能凍結なしでNetCOBOL変換を行った為、手戻りが多かった

移行後の評価:オフコンと操作が同じであるので操作員の教育が不要となった。TCO(トータルコスト)の削減。処理時間が短縮された。

10